ニュースを読むためというよりも、刑事ドラマを、より楽しく見るための基

礎知識を身につけましょう。私はこう見えて、どう見えているのかわかり

ませんが、刑事ドラマはメッチャ好きです。

「相棒」「踊る大捜査線」「浅見光彦シリーズ」「ストロベリーナイト」「SP」最近は、「MOZU」「ボーダー」2時間もののサスペンスから連続ものまで、テレ

ビだけではなく、小説も好きです。

小説では、東野圭吾のもの、新宿鮫シリーズなどはたまらないですね。

poliswoman1 刑事もののドラマを見るための基礎知識

 

今野敏も最近は流行り始めていますね。

 

そういうのを見たり、読んだり、そんなとき、キャリア、ノンキャリア、刑事、警部など階級に関する言葉や、警視庁、警察庁などの言葉がよくでてきます。

そういう用語がわかると、愉しさ倍増します。

警視庁と警察庁の違い

まず、警視庁、何か庁がついているから、国家の機関なのかと思う人がいるかもしれませんが、これは、東京都の警察です。神奈川県県警などと同じです。

ですから、地方公務員です。

警察庁、これは、全国の警察のまとめ役です。ですから、国家公務員です。

ここには、制服警官はいません。また、留置場もありません。ここの仕事は、銃、麻薬などの法案をつくったり、県をまたがった犯罪などに対応して、各地域の警官を集めて、合同捜査の指示をしたりすることもあります。

どんな部署があるの?

では、警視庁の中の組織はどうなったいるのでしょう。他の県警も同じような構成になっています。

総務部、警務部、交通部、警備部、地域部、公安部、刑事部、生活安全部、組織犯罪対策部、・・・

ざっと眺めて、わかりにくいのが、警務部ですね。ここは、人事異動の管理と不祥事の摘発を行います。警察の中の警察と呼ばれています。

組織犯罪対策部は暴力団の取り締まりです。警備部は用人警護のSPですね。公安はテロ対策です。

捜査一課とは?

次にドラマでかかせない、刑事部です。捜査一課~捜査三課まであり、一課が殺人強盗、誘拐、二課が詐欺、汚職、三課が窃盗、スリ、こんな感じで分かれています。

捜査一課はドラマと見ていると、「そういち」と読んで、赤のバッジをつけています。注意して見てください。

あのバッジはS1Sバッジといって、SとSの間に1が入っています。捜一の誇りを表しているんでしょうかね。

階級の話しをすると、捜査一課長はノンキャリアしかなれません。殺人事件の捜査は現場の経験がなければ、務まらないからです。

 キャリア、ノンキャリアとは?

最近の傾向はキャリアとノンキャリアの刑事の攻防みたいな刑事ものが多いですね。「相棒」「TEAM」なんかもそうですかね。

キャリアは国家公務員Ⅰ種試験の合格者です。そして、警察庁に採用された警察官のことです。

あの東大法学部の学生たちが一生懸命勉強して、受ける試験です。準キャリアは国家公務員Ⅱ種試験の合格者です。少し、易しいです。

ノンキャリアは警視庁や県警などの採用試験を受けて採用された警察官です。

つまり、キャリアは国家公務員でノンキャリアは地方公務員です。

所属組織が違うんですね。

出世に関しては、両者はスタートが違います。そして、出世のスピードも違います。

階級について

では、階級を並べます、警視庁を例にあげます。

巡査→巡査部長→警部補→警部→警視→警視正→警視長→警視監(副総監)→警視総監(警察官のトップ)・・・警察庁長官(階級を外れて、全警察組織の頂点)

巡査長(階級にはないんだけど、現場一筋で試験を受けるひまがなかった人が、指導的な立場になる人)

なお、昇進試験は年に1度です。警部まで試験で昇進し、それより上は能力次第で上司が決めます)